状態別のメーター値の設定 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem

Meters(メーター)の状態別の制限を設定し、状態のデフォルトの制限を上書きできます。例えば、トラフィックの少ない状態でMeter(メーター)の制限を引き上げるには、トラフィックの多い状態の間に制限を下げます。

  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、Meters(メーター)を選択します。
  3. Meter(メーター)を選択するか、または作成します。
  4. 状態の詳細設定タブをクリックします。
  5. デフォルトの設定の下で、次のいずれかを実行します。
    制限 説明
    無制限 制限で、無制限を選択します。
    制限 Limited(制限付き)で、制限値を入力し、ドロップダウン ボックスから時間単位を選択して、遅延または拒否を選択します。
  6. (オプション)状態のデフォルト設定を上書きするには、次の手順を実行します。
    1. 状態名の横にあるをクリックします。
    2. 状態の詳細設定を作成するを選択します。
    3. この状態でクエリーを制限しない場合は、制限無制限を選択します。
    4. この状態でクエリーを制限するには、ボックスに制限数を入力し、ドロップダウンから時間単位を選択して、遅延または拒否を選択します。