ログ テーブルのクリーンアップのスケジューリング - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
  1. システムリストで、更新するシステムの名前を選択します。
  2. Setup(セットアップ)リストからクリーンアップ スケジュールを選択します。
  3. (オプション) クリーンアップ スケジュールの詳細で、次のいずれかを実行します。
    • クリーンアップ スケジュールの有効化チェック ボックスをオンにしてクリーン アップ スケジュールを有効にします。
    • クリーンアップ スケジュールの有効化チェック ボックスをオフにしてクリーン アップ スケジュールを無効にします。
  4. ログインの場合は、現在の時間とデータベースのバージョンを収集するユーザー名を選択します。
  5. パフォーマンス データの収集ポートレットでデータを収集している場合、パフォーマンス データの収集の日次ジョブがすべて正常に完了した後でクリーンアップします。を選択して、ジョブが完了した後にクリーンアップが実行されるようにスケジュールできます。これにより、このデータはクリーンアップ実行前にアーカイブされます。
    このオプションは、パフォーマンス データの収集ポートレットを有効にしている場合にのみ表示されます。
  6. クリーンアップ時間の場合は、DCSがViewpointサーバー上でクリーン アップ タスクを実行する時間を入力します。
    現在のTeradata時刻は現在の設定を示すか、不明はデータベースへの接続を確立できないことを示します。
  7. Apply(適用)をクリックします。