システム設定の選択 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
Teradata Database 14.10以降では、値を指定するか、またはデフォルトのシステム値を使用して、メモリを過剰に消費するクエリーを調整できます。システム設定では、クエリー特性の分類に使用できるメモリ グループを作成できます。設定は個別のルールセットではなく、システム全体に適用されます。次のルールセットがアクティブになると変更が有効になります。
  1. ワークロード管理ビューから、システム設定をクリックします。
  2. カスタム値を指定するチェック ボックスをオンにして、推定メモリ使用量を設定するために、次の1つ以上のしきい値オプションに値を入力します。
    オプション 説明
    非常に大きい しきい値を超えている必要があります
    増加しきい値を超えている必要があります
    増加 しきい値を下回っている必要があります
  3. OKをクリックします。