システム レベルのバイパス設定の定義 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
システム レベルのバイパスとは、システム レベルでフィルタまたはスロットルされないユーザー、アカウント、およびプロファイルの集合です。DBCおよびTDWMユーザー名は自動的にリストされ、変更、名前変更、または削除できません。

監視対象システム ポートレットでディクショナリ データ コレクタを有効にすると、バイパス タブのユーザー名のリストが最新状態になります。

  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、一般をクリックします。
  3. バイパス タブをクリックします。
  4. システム レベルのフィルタおよびスロットルから除外するには、リストから、ソース タイプを選択します。
  5. (オプション)選択肢を制限するには、フィルタ ボックスにフィルタ文字列を入力します。
  6. リストからソースを選択するか、CtrlまたはShiftを使用して複数のソースを選択します。
  7. バイパス リストに選択肢を追加するには、をクリックします。
  8. (オプション)バイパス リストにソースを追加するには、ステップ4~7を繰り返します。
  9. (オプション)バイパス リストで、をクリックして、システム レベルのフィルタとスロットルに含めます。
  10. Save(保存)をクリックします。