セキュア ゾーン - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem

Teradata Database 15.10以降で利用可能なセキュア ゾーンにより、個別および排他的なデータベース階層、いわゆるゾーンを単一のTeradataシステム内で1つ以上作成できます。必要なデータベース権限を持つデータベース ユーザーは、セキュア ゾーンをViewpoint外部のTeradataシステム上で作成して管理できます。詳細については、<Teradata® Database Security Administration>を参照してください。

Viewpointでは、セキュア ゾーンからの監視データへのユーザー アクセスは、Viewpointロールを使用して構成されます。Teradata Viewpoint管理者は、セキュア ゾーンへのアクセス権をロールに付与でき、そのロールのユーザーは当該のセキュア ゾーンからのデータを利用できるようになります。ロールには、1つ以上のシステムで複数のゾーンからデータを表示するためのアクセス権を付与できます。

セキュア ゾーンからの監視データは、次のポートレットで制限されます。
  • アプリケーションのクエリー
  • ロック ビューア
  • クエリー グループ
  • クエリー ログ
  • クエリー モニター
  • クエリー スポットライト
  • 領域使用状況

ViewpointダッシュボードおよびViewpointモバイルの場合、クエリー ビューはクエリー モニター ポートレットに対して設定されているセキュア ゾーンを継承します。

システムがセキュア ゾーンをサポートしない場合、またはシステムがセキュア ゾーンをサポートしながらゾーン設定が構成されていない場合、N/Aが表示されます。

ゾーンがあり、ロールに特定ゾーンへのアクセス権が付与されており、ディクショナリ コレクタが有効になっている場合、セキュア ゾーン ボタンにx/yが表示され、可能な合計数を超えて有効になっているゾーンの数を表わします。