ロール マネージャ - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem

Teradata Viewpoint管理者は、ロール マネージャポートレットを使用して、ロールと呼ぶユーザーのクラスを作成して効率的に許可を割り当てることができます。

Teradata Viewpoint管理者は、次のタスクを実行できます。
  • 新しいロールを追加および構成する
  • 既存およびデフォルトのロールの構成と設定を編集する
  • 新しいロールを作成する代わりに、ロールをコピーする
  • ロール用のポートレットを有効化または無効化する
  • 不要になったロールを削除する
  • データベース システムのためのセキュア ゾーンを構成する
  • ロールの測定基準およびポートレットの使用許可を付与する
  • デフォルト ポートレットの設定を構成する
  • Viewpointダッシュボード ポートレットとViewpointモバイル ポートレットにアクセスするロールを付与する
  • Webサービスへのアクセスを許可する
    • VP_User_Managerロールのユーザーがロール マネージャ ポートレットにアクセスする場合、ユーザーは自身のロールと自身で作成したロールのみを表示または編集できます。
    • JWTのVantageとの統合が有効になっている場合(バージョン16.50.05.00以降)、ユーザー管理 Webサービスはリストされません。