状態マトリクスでのイベントのマッピング - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
状態マトリクスでイベントを作成してある場合は、イベントをヘルス状態や計画済の環境と組み合わせてTeradata Databaseの制御の強化を図ることができます。状態マトリクスでイベントをマッピングする前に、必要に応じてヘルス状態や計画済の環境を作成します。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、状態をクリックします。
  3. 計画済イベントをマップするには、次の操作を実行します。
    1. 計画済のイベントの横にあるをクリックします。
    2. 利用可能なイベントで、イベントをイベント リストから1つまたは複数の計画済の環境列にドラッグ アンド ドロップします。
    3. (オプション)利用可能なイベントの横にあるをクリックして、計画済みのイベントを作成します。
  4. TASMシステムを使用している場合は、次の手順を実行して計画外のイベントをマップします。
    1. 計画外のイベントの横にあるをクリックします。
    2. 利用可能なイベントで、イベントをリストから1つまたは複数のヘルス状態行にドラッグします。
    3. (オプション)利用可能なイベントの横にあるをクリックして、計画外のイベントを作成します。
  5. 閉じるをクリックします。
  6. Save(保存)をクリックします。