SLES 10およびSLES 11のTASMシステムとIWMシステム - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
Teradataワークロード管理では、購入したプラットフォームとライセンスに応じて異なる戦略を提供しています。
TASM
Teradata Active System Management (TASM)は、エンタープライズ層ライセンスに含まれており、Teradata Databaseでの完全なワークロード管理を実行します。
IWM
Teradata Integrated Workload Management (IWM) は、基本ワークロード管理を行なうTeradata Databaseの機能です。基本EDWプラットフォームの顧客は、オプションでTASMを購入できます。
TASMライセンスについて質問がある場合は、Teradataアカウント マネージャに問い合わせてください。
TASMでは、完全なワークロード管理機能セットを提供しています。IWMワークロード管理機能はより限定され、SLES 10およびSLES 11では選択するシステムによって異なるオプションがあります。
状態
Integrated Workload Management(IWM)システムにはヘルス状態がありません。
仮想パーティション
Integrated Workload Management(IWM)システムには仮想パーティションがありません。
ワークロード管理メソッド
SLES 11のIWMシステムは、戦術的管理メソッドおよびタイムシェア管理メソッドのみを使用します。SLG層管理メソッドを使用できないので、設定に測定基準-SLG層タブはありません。
例外
SLES 11のIntegrated Workload Management(IWM)システムには戦術的なワークロード例外しかありません。