自動プロビジョニングの構成(LDAP) - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
JWTのVantageとの統合が有効になっている場合は(バージョン16.20.24.00以降)、自動プロビジョニングの構成(JWT)を参照してください。
  1. Advanced Options(詳細オプション)の横にある""を選択します。
  2. ユーザーが最初にTeradata Viewpointに正常にログインしたときにLDAPユーザーのViewpointアカウントを自動的に追加するには、自動プロビジョニングをオンにするチェック ボックスをオンにします。
  3. これらのロールを自動的に割り当てるリストから1つ以上のロールを選択します。
  4. (オプション)""""""""を使用すると、ロールの削除、追加、順序の変更を行なうことができます。
    役割の順序が優先順位に影響し、ポートレットのユーザー設定に影響を与える可能性があります。
  5. Apply(適用)を選択します。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。