ワークロード リソースの配分 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
SLES 11では、計画済の環境ごとにワークロードにリソースを割り当てることができます。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、ワークロードをクリックします。
  3. ワークロード配分タブをクリックします。
  4. (オプション)計画済の環境または仮想パーティションが複数ある場合は、をクリックして管理する領域を選択します。


  5. (オプション)ワークロードを別の管理メソッドにドラッグして、計画済み環境間のリソース割り当てを変更します。
    方向 結果
    戦術的からSLG層
    • 現在の計画済の環境のSLG層を選択できます。他のすべての計画済の環境の、SLG層の最下層にワークロードが割り当てられます。
    • 最小割り当てパーセンテージ(5%)がワークロードに割り当てられます。割り当ては、その層で残っている割り当てられていないリソースまたはその層で最高の割り当てがあるワークロードから行なわれます。
    • ワークロードに対する戦術的例外は削除されます。
    戦術的からタイムシェア
    • 現在の環境のワークロードに対するアクセス レベルを選択できます。他のすべての計画済の環境のアクセス レベルは中に変更されます。
    • ワークロードに対する戦術的例外は削除されます。
    SLG層から戦術的
    • ワークロードの戦術的CPU時間と戦術的I/O物理バイトのしきい値の両方に対して戦術的例外が作成されます。
    • ワークロードに対してハード リミットが有効になっている場合は削除されます。
    SLG層からタイムシェア
    • 現在の環境のワークロードに対するアクセス レベルを選択できます。他のすべての計画済の環境のアクセス レベルは中に変更されます。
    • ワークロードに対してハード リミットが有効になっている場合は削除されます。
    タイムシェアから戦術的 ワークロードの戦術的CPU時間と戦術的I/O物理バイトのしきい値の両方に対して戦術的例外が作成されます。
    タイムシェアからSLG層
    • 現在の計画済の環境のSLG層を選択できます。他のすべての計画済の環境の、SLG層の最下層にワークロードが割り当てられます。
    • 最小割り当てパーセンテージ(5%)がワークロードに割り当てられます。割り当ては、その層で残っている割り当てられていないリソースまたはその層で最高の割り当てがあるワークロードから行なわれます。
  6. (オプション)SLG層で、次のいずれかを実行します。
    オプション 説明
    層を追加 SLG層の横にあるをクリックします。
    ワークロードの層を変更
    • 層が複数ある場合は、ある層から別のSLG層にワークロードをドラッグします。
    • (Teradata Database 14.10以降)層1から低位の層にワークロードをドラッグすると、SLG上限値が削除されます(有効になっている場合)。
    ワークロードのリソース割り当てを変更 ワークロードの境界を水平方向にドラッグします。
    層に対するワークロード リソースの割り当てを編集

    (Teradata Database 14.10以降)

    • 層の名前の横にあるをクリックします。
    • 層1のワークロードのSLG上限値を有効にします。
    • すべての層のワークロードのハード リミットを有効にします。
    ハード制限は単一のワークロードに制限がある場合は3%、複数のワークロードに制限がある場合は5%に設定することをお勧めします。
    層を削除
    • 最下位の層の名前の横にあるをクリックします。

      層1を削除することはできません。ワークロードを含まない層しか削除できません。削除できるのは、最下位の層のみです。一番下の層にワークロードが含まれない場合は、タブの設定を保存すると自動的にその層が削除されます。

  7. (オプション)タイムシェアで、アクセス レベル間でワークロードをドラッグし、ワークロードのクエリーに対するリソース割り当ての優先順位を指定します。
  8. Save(保存)をクリックします。