状態フィルタ バー - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem

状態フィルタ バーを使用すると、特定の状態をビューに表示できます。Teradata Databaseシステムで使用可能な状態が6つを超える場合、オーバーフロー メニューから別の状態を選択して、最後の位置の状態と置き換えることができます。



状態フィルタボタンは、各状態カテゴリのセッション数を提供します。 選択した状態をフィルタリングするか、リストから状態を選択するには、任意のボタンをクリックします。たとえば、遅延をクリックすると、選択したシステムで実行待ちのキューに入っているクエリーを実行しているセッションが表示されます。状態フィルタボタンの上にカーソルを置くと、大きな省略番号または切り捨てられた状態名の拡張コンテンツが表示されます。

すべて
選択されたTeradata Databaseシステムで現在実行中のセッション
非アイドル
アイドル以外のいずれかの状態にあるセッション
アクティブ
進行中のクエリーを実行しているセッション
ブロック
データベースのテーブルやビューなどロックされているリソースを待っているクエリーを実行しているセッション
延期
延期されたキューで実行を待っているクエリーを実行しているセッション。
遅延
キューで実行を待っているクエリーを実行しているセッション
アボート
アボート処理中 (クエリーによって行なわれた変更のロール バック中) のクエリーを実行しているセッション
応答
完了してスプールされたデータをユーザーに送信 (応答) しているクエリーを実行しているセッション
アイドル
現在クエリーを実行していないセッション
解析
解析中のクエリーを実行しているセッションクエリーの実行はまだ開始されていません。
その他
上記のどのカテゴリにも分類されない不明な状態のセッション
QT遅延
キュー表の制約によって遅延したセッション
SES遅延
ワークロード遅延キュー上のユーティリティ セッション
応答保留
SLES 11での、指定された秒数が過ぎるまで応答が保持されるクエリーを実行しているセッション。