SLES 11でのクエリー応答の保留 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
SLES 11を使用している場合、クエリー応答が指定した時間よりも早く返されないように遅延が適用されるよう指定できます。このオプションを使用すると、一貫性が保たれ、いつクエリー結果が返されるかに関するユーザーの期待を設定できます。

保持されたクエリー応答はスロットル制限の対象としてカウントされません。

  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、ワークロードをクリックします。
  3. ワークロードを選択または作成します。
  4. クエリーの応答を保留タブをクリックします。
  5. Always(常に)計画済の環境のデフォルトの設定で、以下のいずれかのオプションを選択します。
    オプション 説明
    クエリーの応答を保留 クエリー応答が利用可能になると同時にそれを返します。
    応答の保留 指定した秒数が経過するまではクエリー応答を保留にします。
  6. (オプション)別の計画済の環境をクリックし、該当するクエリー応答設定を指定します。
  7. Save(保存)をクリックします。