アラートの移行 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
TeradataシステムをTeradata Viewpointで構成した後は、イベント アラート以外のすべてのアラートはTeradata ManagerからTeradata Viewpointに移行できます。構成した間隔は移行できません。データ収集間隔は、Teradata Viewpointで構成する必要があります。

アラートは、TeradataシステムのTeradata Viewpointにアラートが存在しない場合のみ移行できます。したがって、既存のTeradata Managerアラートは、アラートを追加およびコピーする前に移行してください。

  1. システムリストで、更新するシステムの名前を選択します。
  2. セットアップリストからアラートを選択します。
  3. アラート タイプリストから、アラート タイプを選択します。
  4. アラートで、アラートの移行を選択します。
  5. 移行するデータベースからデータを読み取る権限のあるアカウントのログイン情報を入力します。
  6. 移行するデータベースの認証メカニズムを選択します。
  7. (オプション)SNMP構成で、SNMPアクションを含む移行済みアクション セットに割り当てられたSNMP構成を選択します。
    これは、移行中のアラート アクションにいずれかのSNMPアクションが含まれている場合に必要です。SNMP構成は、アラート セットアップ ポートレットで定義されます。
  8. Apply(適用)をクリックします。
    ダイアログ ボックスに、移行されたアラートの数を示すメッセージが表示されます。