状態マトリクスの編集 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
TASMシステムでは、計画済の環境とヘルス状態の特定の組み合わせがある場合、使用する状態は状態マトリクスによって定義されます。IWMシステムでは、計画済の環境が有効になっている場合に使用される状態と操作上のルールは、状態マトリクスによって定義されます。

デフォルトのヘルス状態、計画済の環境、および状態は、ワークロードにリソースを割り当てるための基本的なフレームワークを提供します。ただし、追加のヘルス状態、計画済の環境、状態を作成して、リソース割り当てを調整できます。

  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、状態をクリックします。
    状態マトリクスが表示されます。新しいルールセットの場合、状態マトリクスは1つのセルで構成されます。
  3. (オプション)TASMシステムを使用している場合は、次の手順を実行します。
    1. 追加のヘルス状態を定義します。
    2. 1つ以上の計画外のイベントを定義します。
      計画外のイベントとしては、システム イベント、ユーザー定義イベント、ワークロード イベント、またはそれらのイベントの組み合わせがあります。
    3. イベントがヘルス状態を起動するように、計画外のイベントを該当するヘルス状態にドラッグします。
  4. (オプション)追加の計画済み環境を定義します。
  5. (オプション)追加の計画済みイベントを定義します。
    計画済のイベントとしては、期間のイベント、ユーザー定義イベント、またはそれらのイベントの組み合わせがあります。
  6. (オプション)イベントが環境を起動するように、計画されたイベントを該当する計画済み環境にドラッグします。
  7. (オプション)追加の状態を定義します。
  8. 状態マトリクスのセルごとに、状態リストからマトリクスの該当セルに状態をドラッグ アンド ドロップします。
    定義されている組み合わせが発生すると、状態が起動されます。
  9. Save(保存)をクリックします。