状態別のワークロード用スロットルの設定 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ワークロードをワークロード ビューで作成または編集するときのワークロードのスロットルを定義します。ワークロードのスロットルを設定するとき、このワークロードに分類されるどのクエリーに対しても、作成するスロットルが設定されます。ワークロード スロットルに対して状態固有の同時並行性の上限を設定して、ある状態に対するデフォルトの同時並行性の上限を上書きできます。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、ワークロードをクリックします。
  3. ワークロードを選択または作成します。
  4. スロットル タブをクリックします。
  5. デフォルトの設定の下で、次のいずれかを実行します。
    同時並行性の上限 説明
    無制限 同時並行性の上限で、無制限を選択します。
    制限 同時並行性の上限で、同時並行性の上限の数値をボックスに入力して、遅延または拒否を選択します。
  6. (オプション)状態のデフォルト設定をオーバーライドするには、次の手順を実行します。
    1. 状態名の横にあるをクリックします。
    2. 状態の詳細設定の作成を選択します。
    3. この状態の同時に実行するクエリーを制限しない場合は、同時並行性の上限の下の無制限を選択します。
    4. この状態の同時に実行するクエリーを制限する場合は、ボックスに同時並行性の上限の数値を入力し、遅延または拒否を選択します。
    5. OKをクリックします。
  7. (オプション)グループ スロットルが定義されたTeradata Database 14.10の場合は、リストからグループ スロットルを選択して、グループのスロットルのメンバー構成を変更します。
    • このワークロードは定義済みの遅延スロットルを持つ必要があります。
    • このワークロードは定義済みの遅延スロットルを持つことができません。
    • このワークロードは1つのグループ スロットルにのみ属すことができます。
    グループ スロットルに対するスロットルの制限、およびグループ スロットルのメンバーである各ワークロードに対するスロットルの制限が表示されます。
  8. Save(保存)をクリックします。