ロール用のポートレット使用許可の付与 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ポートレットの特定の機能をシステムとロール別に有効にできます。
  1. ロール マネージャ ビューで、リストからロールを選択します。
  2. ポートレット タブを選択します。
  3. ポートレット名の左にあるチェック ボックスをオンにしてポートレットを有効にします。
  4. 権限を設定するポートレットの""を選択します。
  5. 次のいずれかを実行して、選択したロールに付与する各システム用の使用許可を選択します。
    • ユーザーがポートレットの設定ビューにアクセスして構成できるようにするには、ポートレット設定の有効化チェック ボックスをオンにします。
      このチェック ボックスは、設定ビューがあるポートレットでのみ使用できます。
    • ポートレットの公開チェック ボックスを選択して、ユーザーがカスタマイズ済みバージョンのポートレットを他のユーザーと共有できるようにします。
    • リストからシステムのタイプを選択します。
    • すべて選択チェック ボックスをオンにして、その特定のシステムに対するすべての権限を選択または選択解除します。
    • 権限名をクリックして、すべてのシステムの特定の権限をオンまたはオフにします。
    • チェック ボックスを選択し、個々のシステムの個々の権限をオンまたはオフにします。
  6. OKをクリックします。