ワークロード用の実施プライオリティの設定 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
SLES 10 TASMシステムでは、実施プライオリティ(EP)とは、ワークロード内で実行されるクエリーにウェイトを割り当てるために付けられるラベルです。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、ワークロードをクリックします。
  3. ワークロードを選択または作成します。
  4. 実施プライオリティで、このワークロードで実行予定のクエリー タイプに対するオプションを選択します。
    • 戦術的クエリーは、定義済みの目標サービス レベルを持つ短い重要なクエリーです。これらは通常、ノード当たり1 CPU秒未満を消費する単一または少数のAMPクエリーまたはすべてのAMPクエリーです。
    • 優先順位クエリーは重要で、他のほとんどの作業より優先順位が高くなっています。
    • 標準クエリーは、システムで実行される平均的な優先順位の作業です。
    • バックグラウンド クエリーは応答時間要件のない作業に対して実行されます。
  5. Save(保存)をクリックします。