概要 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter クイック スタート ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/jth1645201817296.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/obe1474387269547.ditaval
dita:id
B035-2501
Product Category
Teradata Tools and Utilities
Teradata PT 17.00以降:
  • Teradata PT(スクリプトベース、Easy Loader、およびTPT API)は、以下のオペレーティング システムでは64ビットのみ。
    • IBM AIX
    • Linux
    • macOS
    • Solaris
    • Windows
  • Teradata PTは、z/OSオペレーティング システムでは32ビットのみ。
  • 17.20以降、32ビットTPTAPIはWindowsオペレーティング システムでサポートされない。

以下のトピックでは、最もよく使用されるTeradata PT機能である、フラット ファイル データのデータベース テーブルへのロードについて説明します。

これから実行するTeradata PTスクリプトは、TARGET_EMP_TABLEという空のターゲット テーブルに、flatfile1.txtというフラット ファイルから10行分の従業員データをロードします。このフラット ファイルのデータは、パイプ('|')テキスト区切り文字で区切られています。

flatfile1.txtの内容は次のとおりです。

ID01|JOHN
ID02|PETER
ID03|FRANK
ID04|MARY
ID05|ELLEN
ID06|MICHAEL
ID07|SAM
ID08|JONATHAN
ID09|MICHELLE
ID10|ALICE
フラット ファイルからデータを読み取り、空のターゲット テーブルにロードする

フラット ファイルのデータをターゲット テーブルにロードするためには、次の3つのステップを実行します。 ここに記載されている順に行なってください。