17.00 - サポートされているデータベース オブジェクト - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
一般に、新規バージョンのTeradata Databaseに存在する機能を使用するデータベース オブジェクトは、それより古いバージョンのTeradata Databaseにはコピーできません。
データベース オブジェクト名 古いバージョンから新しいバージョンへ 同じバージョンの間 新しいバージョンから古いバージョンへ 制限
データベース Teradata DSAを使用してデータベース全体をコピーできます。 データベース全体のコピーを参照してください。
テーブル はい はい はい

ターゲットのAMPまたはAMPクラスタが1つのみの場合、マルチセット テーブルを新しいシステムから古いシステムにコピーすることはできません (Teradata PT Updateオペレータの制限)。

allowTptLoadForMultisetテーブル属性がtrueに設定されていない場合、TPTAPI_LOADを使用してマルチセット テーブルをコピーすることはできません。

show tableの出力が1 MBを超えるテーブルの全体をコピーすることはできません。show tableは、テーブル定義の再生成に必要なテキストです。テーブルに含めることのできるデータ量に制限はありません。

Teradata DSAを使用してテーブルを新しいバージョンのTeradata Databaseから古いバージョンにコピーすることはできません。

override_lock_accessパラメータがtrueに設定されている場合、Teradata DSAは使用できません。

ソースTDPIDとターゲットTDPIDが同じ場合は、Teradata DSAを使用できません。

ソース ステージングが使用されている場合を除き、DSAを使用して部分テーブル コピーを実行することはできません。

グローバル一時テーブル はい はい はい  
ハッシュ インデックスと結合インデックス はい はい はい 結合インデックスおよびハッシュ インデックスのコピーを参照してください。
マクロ はい はい はい 基礎となるテーブルがターゲット システムに既に存在しているか、ジョブによってコピーされる必要があります。
PPIテーブル はい はい はい  
キュー テーブル はい はい いいえ Teradata PT Exportオペレータは、キュー テーブルをサポートしていません。
スキーマ はい はい いいえ

スキーマは、Teradata Database 16.00以降でサポートされています。

Teradata DSAおよびTeradata JDBCは、スキーマ オブジェクトが関連付けられているテーブルのコピーをサポートしています。

スキーマ オブジェクトを参照するテーブルをコピーするとき、スキーマ オブジェクトがターゲット システムにすでに存在するか、またはスキーマ オブジェクトを同じジョブでコピーする必要があります。

Data Moverはスキーマ オブジェクトを再配置または名前変更しません。

スキーマは、SYSUDTLIBデータベースでのみ作成されます。

ターゲット システムに存在するのと同じ名前でスキーマをコピーし、overwrite_existing_objectsをtrueに設定する場合は、ターゲット システム上にそのスキーマを参照する列がなければスキーマは上書きされます。

ストアド プロシージャー はい はい はい 基礎となるテーブルがターゲット システムに既に存在しているか、ジョブによってコピーされる必要があります。
テーブル統計情報 はい はい はい 統計情報のコピーについてを参照してください。
参照テーブル (親/子) はい はい はい 参照整合性を持つテーブルのコピーについてを参照してください。
LOB列があるテーブル はい はい はい

TeradataJDBC は、Teradata Database の古いバージョンよりも新しいものに使用されます。Teradata JDBC を使用して、15 LOB 以上の列を持つテーブルを移動することはできません。

Teradata PT APIは、LOBベースの列があるテーブル内のデータのコピーはサポートしていません。

識別列があるテーブル はい はい はい GENERATED ALWAYS文で識別列が定義されている場合、新しいバージョンから古いバージョンへはコピーされません。
ユーザー定義型 (UDT) 列があるテーブル はい はい はい

UDT はターゲット システムで既に定義されている必要があります。

ジョブでUDT列があるテーブルをコピーする場合、そのジョブを作成するためにソース ユーザーとターゲット ユーザーにSYSUDTLIBへのUDTUSAGEアクセスが必要です。ジョブでUDT列があるテーブルをコピーするときに、そのジョブがTeradata DSAユーティリティを使用している場合、ターゲット ユーザーに対するアクセス制限はありません。

XML、ST_Geometry、JSON列を持つテーブル はい はい はい

Teradata DSAおよびTeradata JDBCはXML、ST_Geometry、またはJSONの列タイプを持つテーブルのコピーをサポートします。

新しいバージョンのTeradata Databaseから古いバージョンへのコピーには、Teradata JDBCが使用されます。

Teradata PT APIは、これらの列タイプがあるデータのコピーはサポートしていません。

Teradata 16.00では構文と形式が変更されているため、一方のシステムがTeradata 16.00より前で、もう一方のシステムがTeradata 16.00以降の場合にシステム間でコピーを行なうと、これらの列タイプでDLLの比較が失敗します。

カラムナ テーブル はい はい はい

プライマリAMPインデックスまたはプライマリ インデックスを持つカラムナ テーブルは、Teradata Databases 15.10以降でサポートされます。

TPTAPI_LoadまたはTPTAPI_Updateの使用を強制することはできません。

トリガー はい はい はい トリガーのコピーについてを参照してください。
ビュー はい はい はい

ビューデータをコピーするには、TPTAPI_UPDATE, TPTAPI_STREAM, T2T, または JDBC を使用する必要があります。

ソース ステージング テーブルを使用しない場合、DSAを使用することはできません。

TPTAPI_LOAD演算子は使用できません。

外部サーバー オブジェクト はい はい はい Teradata Database 15.00以降のバージョン間でのみ外部サーバー オブジェクトをコピーできます。
関数エイリアス オブジェクト はい はい はい 関数エイリアス オブジェクトをコピーできるのは、Teradata Database 16.20 Feature Update 1以降のバージョン間のみです。
ユーザー はい はい いいえ ユーザーはターゲットTeradataシステムにすでに存在する必要があります。 Data Moverはユーザー オブジェクトをデータベース オブジェクトとして移動します。 ユーザー内のオブジェクトのみが移動されます。 ユーザーに関連付けられているパスワード、権限、およびロールは移動されません。 データベース全体のコピーについてを参照してください。