17.00 - MERGEテーブル機能の使用について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

状況によっては、データをステージング データベースからターゲット データベースにコピーする際に、Data MoverはINSERT-SELECTではなくMERGEを使用します。この結果、パフォーマンスが向上します。

MERGEを使用する際には、Data Moverの次の条件を満たす必要があります。

  • 部分テーブル コピーが指定されている。
  • テーブルがマルチセット テーブルではない。
  • テーブルに1つ以上のプライマリ インデックスが含まれている。
  • すべてのインデックスがキー列として指定されている。
  • PPIテーブルの場合、パーティション列もすべてキー列として指定されている。
  • ターゲット テーブル上のプライマリ インデックスには識別列は含まれません。

これらの条件が満たされない場合、Data MoverはDELETEおよびINSERT-SELECTを使用してデータを転送します。

PPIテーブルでは、インデックスとパーティション列をキー列として指定する必要があります。インデックスのみをキー列として指定すると、ジョブの実行が失敗します。