17.00 - 必要な権限 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、必要なsource_userの権限を示します。

権限 説明
SELECT ソース テーブルからデータを選択するために必要です。
DUMP ソース テーブルのデータをアーカイブするために必要です。
MONITOR TVI資産情報(サイトID、クラスタID、製品タイプなど)を収集する必要があります。
CREATE TABLE ソース ステージング テーブルの作成に必要です。
DROP TABLE ソース ステージング テーブルの削除に必要です。
INSERT データをソース ステージング テーブルに挿入する場合に必要です。
次のテーブルに、必要なtarget_userの権限を示します。
データベース全体のコピーを実行するときは新たな権限付与が必要な場合があり、オブジェクト タイプは以下のGRANT文に含まれないソース データベースにあります。
権限 説明
CREATE TABLE ステージング、ターゲット、エラー、ログ、および作業テーブルを作成するために必要です。
DROP TABLE ステージング、ターゲット、エラー、ログ、および作業テーブルを削除するために必要です。
CREATE MACRO Teradata PT API Streamオペレータでマクロを作成するために必要です。
DROP MACRO Teradata PT API Streamオペレータでマクロを削除するために必要です。
EXECUTE MACRO Teradata PT API Streamオペレータでマクロを実行するために必要です。
INSERT ステージング、ターゲット、エラー、ログ、およびワーク テーブルにデータを挿入するために必要です。
SELECT ステージング テーブルからデータを選択するために必要です。
RESTORE ターゲット テーブルにデータを復元するために必要です。
MONITOR TVI資産情報(サイトID、クラスタID、製品タイプなど)を収集する必要があります。
DELETE ターゲット テーブルからデータを削除するために必要です。

次のテーブルに、既存のターゲット テーブルまたはターゲット データベースの使用に必要なステージング データベース権限を示します。

権限 説明
SELECT WITH GRANT OPTION ソース テーブルからデータを選択するために必要です。
INSERT WITH GRANT OPTION ターゲット テーブルにデータを挿入するために必要です。
UPDATE WITH GRANT OPTION ターゲット テーブルでデータを更新するために必要です。
DELETE WITH GRANT OPTION ターゲット テーブルからデータを削除するために必要です。
次のテーブルに、ソースおよびターゲット ユーザーに必要な、SYSBARデータベースに対するDSA権限を示します。
権限 説明
  • DROP TABLE
  • CREATE TABLE
  • SELECT
  • UPDATE
  • DELETE
  • EXECUTE PROCEDURE
  • CREATE MACRO
  • DROP MACRO
DSMAINシステム構成に必要です。