17.00 - restart - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

restartコマンドは、失敗したジョブを再起動します。

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

dm.rest.endpoint
(オプション)実行時に別のRESTサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、Data Mover RESTサーバー URLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きします。
https://dm-server1:1443/datamover
job_name
再起動するジョブの名前。
例: 12315DFHJKS
security_password
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのパスワード。
例: 53cUr17y
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_password_encryptedも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_password_encrypted
(オプション) スーパーユーザーの暗号化されたパスワード。
例: 052c7aabd14c7770141ac3c0137ab98ae0d3f0f7cddf588981206b010c0c1b2f
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_passwordも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_username
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのユーザーID。スーパーユーザーのユーザーIDはdmcl_adminで、変更できません。
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。
sync
(オプション) ジョブの完了を待機してから、ジョブが正常に完了したことを示す終了コードを返します。終了コード0は、ジョブの正常な完了を示します。0以外の終了コードは、ジョブまたはコマンドのエラーを示します。
uowid
(オプション) ジョブに関連付けられた作業バッチ用の代替IDまたは名前。このパラメータに値を設定すると、Data Moverによって、Teradata Ecosystem Managerまたはその内部TMSMEVENTテーブルにイベントが送信される際、この値は作業単位IDとして報告されます。このパラメータを指定しない場合、Teradata Ecosystem Managerまたはその内部TMSMEVENTテーブルにイベントが送信される際、デフォルト値が作業単位IDとして使用されます。作業単位IDのデフォルト値は、ジョブの実行名と現在のタイムスタンプで構成されます。例えば、ジョブの実行名がsales_tableであるクエリー ソースを定義した場合、作業単位IDのデフォルト値は、sales_table-20110115155656ESTになります。
例: sales_tables_restart

XMLファイルの例

restartコマンドの場合は、datamove restart -f parameters.xmlと入力します。

次の例では、パラメータ ファイルは、ジョブ12315DFHJKSを再起動し、sales_table_restartを作業単位IDとしてTeradata Ecosystem Managerに報告します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes" ?>
<dmStart
	xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
	<job_name>12315DFHJKS</job_name>
 <uowid>sales_tables_restart</uowid>
</dmStart>