17.00 - Data Moverコマンドのアクセス権限 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

セキュリティが有効でない場合、コマンドライン ユーザーにはすべてのData Moverコマンドを実行する権限があります。セキュリティの管理が有効で、デーモン レベルのセキュリティが選択されている場合、以下のルールがコマンドライン インターフェースに適用されます。

セキュリティ レベルがDaemonに設定されている場合は、デーモン レベルの権限のみがチェックされます。セキュリティ レベルがjobに設定されている場合は、デーモン レベルの権限とジョブ レベルの権限の両方が評価されます。

以下のコマンドを実行するには、ユーザーはジョブ レベル(セキュリティ レベルがjobの場合)およびデーモン レベルの読み取り権限が必要です。
  • list_jobs
  • list_job_definition
  • list_job_steps
  • status
以下のコマンドを実行するには、ユーザーはジョブ レベル(セキュリティ レベルがjobの場合)およびデーモン レベルの書き込み権限が必要です。
  • delete_job
  • move
  • create
  • edit
  • update_job_steps
  • update_job_priorities
以下のコマンドを実行するには、ユーザーはジョブ レベル(セキュリティ レベルがjobの場合)およびデーモン レベルの実行権限が必要です。
  • start
  • stop
  • restart
  • cleanup
  • move
以下の管理レベルのコマンドを実行するには、ユーザーはコマンドライン インターフェース スーパーユーザー(dmcl_admin)またはViewpoint Administratorユーザーであることが必要です。
  • backup_daemon
  • restore_daemon
  • list_event_table
  • create_event_table
  • delete_event_table
  • modify_event_table
  • list_configuration
  • save_configuration
  • modify_admin_password