17.00 - Data Mover XMLスキーマ - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

Data Mover XMLスキーマは、Data MoverコンポーネントがJMSバスを介した通信に使用するメッセージを説明します。このスキーマのコピーはコマンドライン ユーティリティのディレクトリに含まれています。また、http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsdにもあります。

Data Mover XMLスキーマはData Moverのコマンドライン インターフェースで使用できるXMLファイルの構造を説明します。このスキーマは、互換性のあるXMLオーサリング ツールを使用する場合、検証に使用できます。

Data Moverは、ASCIIとUTF-8のXMLパラメータ ファイルをサポートします。コマンドライン コンソールでは、ASCIIのみをサポートします。

次のコード サンプルは、Data Mover XMLスキーマのdmCreate要素の一部を示しています。

Data Mover XMLスキーマの要素の順序に従う必要があります。
<xsd:element name="dmCreate">
  <xsd:complexType>
    <xsd:complexContent>
      <xsd:extension base="jobDefinitionType">
        <xsd:sequence>
          <!--  permission setting for the created job  -->
          <xsd:element name="job_security" minOccurs="0" type="securityType"/>
          <xsd:element name="command_start_time" minOccurs="0" type="xsd:dateTime"/>
        </xsd:sequence>
      </xsd:extension>
    </xsd:complexContent>
  </xsd:complexType>
</xsd:element>
次のコード サンプルは、Data Mover XMLスキーマで説明されているメッセージ形式に従って生成された有効なData Moverメッセージを示しています。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmCreate xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/DataMover.xsd">
    <job_name>NAME</job_name>
    <job_priority>UNSPECIFIED</job_priority>
    <source_tdpid>SourceIP</source_tdpid>
    <source_user>USER</source_user>
    <source_password>PASS</source_password>
    <target_tdpid>TargetIP</target_tdpid>
    <target_user>USER</target_user>
    <target_password>PASS</target_password>    
    <database selection="unselected">
        <name>DatabaseName</name>
        <table selection="included">
            <name>TableName</name>
        </table>
    </database>
</dmCreate>