17.00 - トリガーのコピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
トリガーをターゲットTeradataシステムにコピーできます。トリガーを有効にする場合、テーブルをロードする前と後のどちらにターゲット テーブルにトリガーを配置するか指定できます。

TeradataとHadoopシステム間でトリガーをコピーすることはできません。

  1. オブジェクト タブで、""をクリックして、ツリーを展開します。
  2. ""をクリックして、トリガーがあるデータベース オブジェクトまたはユーザー オブジェクトを展開します。
  3. トリガーのみを表示するようにフィルタするには、次の手順を実行します。
    1. ""をクリックして、トリガーを除くすべてのチェック マークをクリアします。
    2. オブジェクト タイプ フィルタからカーソルを離して、サブブランチにトリガーがあるツリーを更新します。
  4. ""をクリックして、トリガーの設定ダイアログ ボックスを表示します。
  5. (オプション)トリガーを有効にして、トリガーをいつターゲット テーブルに配置するかを指定するには、有効を選択して、アクション時間リストから次のいずれかを行ないます。
    • テーブルをロードする前のターゲット テーブルにトリガーを配置するには、BEFOREを選択します。ソースからコピーされる行ごとにトリガー アクションが発生します。
    • テーブルのロード後のターゲット テーブルにトリガーを配置するには、AFTERアクション時間リストから選択します。ソースからコピーされる行に対しトリガー アクションは発生しません。
  6. OKをクリックします。