17.00 - 基礎となるデータをビューから移動する時のDDLの比較について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
copyData="true"を使用してビューからデータを移動する場合、compare_ddl機能を使用して、ビュー 列をターゲット テーブルの列と比較することができます。
compare_dll機能は、ソース ビューとターゲット ビューの定義を比較するためには使用されません。ソース ビューの列をターゲット テーブルの列と比較するために使用されます。
時系列テーブルをコピーする場合、compare_ddlは、次のフィールドを含むプライマリ時間インデックスも比較します。
  • TSFlags
  • timeZero
  • TimeBucketUnit
  • TimeBucketValue
時系列テーブルを非時系列テーブルにコピーするには、compare_ddlfalseに設定します。そうしないと、ジョブは失敗します。
ソース ビュー列をターゲット テーブル列と比較するには、compare_ddl要素をtrueとして指定する必要があります。これはオプションで、デフォルト値はtrueです。
<views>
	<view selection="included" copyData="true">
		<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
		<view_data_table>
			<target_table>TargetTable</target_table>
			<target_database>TargetDb</target_database>
		</view_data_table>

		<staging_database>
			<name>TargetDb_Staging</name>
		</staging_database>

		<compare_ddl>true</compare_ddl>
	</view>
</views>
ターゲット データ テーブルがターゲット システム上に存在しない場合、またはビュー データをターゲット ビューにコピーする場合は、ビュー データのコピー時にcompare_ddl要素は考慮されません。