17.00 - Teradata Ecosystem Managerを使用したジョブの監視 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Ecosystem Managerを使用して、Data Moverジョブを監視することができます。Teradata Ecosystem Managerはデフォルトで有効ではありません。この機能を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. list_configurationコマンドを実行します。
  2. 結果のXMLファイルで、tmsm.modeプロパティを変更します。値をBOTH、ONLY_REAL_TMSM、またはONLY_INTERNAL_TMSMに変更します。
  3. save_configurationを実行して構成を保存します。
    tmsm.modeをONLY_REAL_TMSMに設定した場合、Teradata Ecosystem Managerにはすべてのイベントが通知されます。tmsm.modeをONLY_INTERNAL_TMSMに設定した場合、イベントはTMSMEVENTテーブルに格納されます。

ジョブの実行時に予期されるイベントの概要を以下に示します。

  • ジョブを開始すると、STARTイベントがログされ、ResourceTypeとしてDM_PROCESS_SOURCEおよびDM_PROCESS_TARGETが記録されます。
  • ジョブには複数のタスクが含まれています。STARTイベントは、タスクごとにログされ、実行されるタスクの種類に対応するさまざまなResourceTypeが記録されます。
  • 一部の、実行に時間のかかるタスクの種類では、STEPイベントで追加の情報が提供されます。AffectedDatabaseName列とAffectedTableName列は、操作されるオブジェクトを示します。インクリメンタル ステータス情報は、UOWHealthStr列にログされます。オブジェクトのアクションが完了するまでUOWHealthAmtは0のままであり、完了した時点でUOWHealthAmtはコピーされた行数を示します。UOWHealthAmtはソースとターゲットで一致する必要があります。不一致の場合は、通常、問題が発生しています。
    種類がSELECT_INSERTのタスクでは、UOWHealthStr列にラージ オブジェクト (LOB) にコピーされたバイト数のみが報告されます。SELECT_INSERTタスクでLOBを含まないテーブルにコピーされたバイト数が0となっていることは正常です。
  • タスクの最後に、ENDイベントがログされ、コピーされた行およびバイトの合計数が記録されます。
  • ジョブの最後に、ENDイベントがログされ、ResourceTypeとしてDM_PROCESS_SOURCEおよびDM_PROCESS_TARGETが記録されます。さらに、HCHKイベントが正常な完了を示します。
  • ジョブを正常に完了できない場合、ALERTイベントがログされ、EventMsg列にはエラー メッセージが、AlertCode列には対応するエラー コードが記録されます。

Teradata PT APIは、デフォルトでTeradata Ecosystem Managerに自身のイベントを送信します。Teradata Ecosystem Managerに重複するイベントを送信しないようにするために、Teradata PT APIがData Moverジョブで実行された際に、Data Moverはこのユーティリティが自身のイベントを送信しないようにします。このような状況では、Data MoverデーモンだけがTeradata Ecosystem Managerにイベントを送信することができます。

Teradata Ecosystem Managerに送信されるイベントは、さらに処理を加えるために外部のSQLテーブルに送信することもできます。詳細については、イベント テーブルの使用を参照してください。