17.00 - データ ディクショナリ ビュー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Databaseのデータ ディクショナリには、DBCというシステム ユーザー内に存在するテーブルとビューがあります。テーブルは、システムで使用するために予約されており、システム内のデータに関する情報を含んでいます。テーブル内の情報にはビューからアクセスできます。データ ディクショナリでは、使用しているTeradata Databaseのバージョンに応じて、次のテーブル ビューが利用できます。
  • ベース バージョンまたはVバージョン: パフォーマンスの向上
  • XバージョンまたはVXバージョン: セキュリティの強化、パフォーマンスの低下
次のテーブルに、構成設定とTeradata Databaseバージョンに応じてData Moverで使用されるビューのバージョンを示します。使用しているTeradata Databaseのバージョンに応じて、以下が適用されます。
  • 4つのすべてのビューが使用でき、databaseQueryService.useBaseViewsOnly構成設定がtrue (デフォルト)の場合は、Teradata Databaseのバージョンに応じて、ベース バージョンまたはVバージョンのビューが使用されます。
  • 4つのすべてのビューが使用でき、databaseQueryService.useBaseViewsOnly構成設定がfalseの場合は、Teradata Databaseのバージョンに応じて、XバージョンまたはVXバージョンのビューが使用されます。
データ ディクショナリ ビュー名 databaseQueryService.useBaseViewsOnlyで使用するDBCビューのバージョンの設定 ソースまたはターゲット
True False
DBC.ALL_RI_Children V VX ソースのみ
DBC.Columns V VX ソースおよびターゲット
DBC.ColumnStats V V ソースのみ
DBC.Databases V VX ソースおよびターゲット
DBC.DataSetSchemaInfo V V ソースのみ
DBC.DiskSpace ベース バージョンまたはVバージョン ベース バージョンまたはVバージョン ソースおよびターゲット
DBC.Functions V VX ターゲットのみ
DBC.IndexStats V V ソースのみ
DBC.Indices V VX ソースおよびターゲット
DBC.JoinIndices V V ソースおよびターゲット
DBC.Maps V VX ソースおよびターゲット
DBC.MultiColumnStats V V ソースのみ
DBC.Server V VX ターゲットのみ
DBC.Tables V VX ソースおよびターゲット
DBC.TableSize V VX ソースおよびターゲット
DBC.TblSrvInfo V VX ターゲットのみ
DBC.Triggers V VX ソースおよびターゲット
DBC.RI_Distinct_Children V VX ソースおよびターゲット
DBC.RI_Distinct_Parents V VX ソースおよびターゲット
DBC.Children V VX ソースのみ
  • Data Moverが正しく機能するには、Data Moverでコマンドとジョブを実行するユーザーに、テーブルに一覧表示されているビューに対するSELECT権限が必要です。
  • Data MoverはHELP VIEW DBC.Columns出力を使用して、DBC列ビューのクエリーを実行する列を決定します。