17.00 - ビュー データの部分コピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

WHERE句とキー列を指定してソース ビューからターゲット テーブルまたはターゲット ビューへ部分データコピーを行なうことができます。これはデータ テーブルの部分コピーによく似ています。

次の例は、ソース ビューからの部分データ コピーを示します。
<views>
	<view selection="included" copyData="true">
		<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
		<view_data_table>
			<target_table>TargetTable</target_table>
			<target_database>TargetDb</target_database>
		</view_data_table>

		<staging_database>
			<name>TargetDb_Staging</name>
		</staging_database>

		<compare_ddl>true</compare_ddl>

		<sql_where_clause><![CDATA[  WHERE "deptsals"."employee_number" = 1]]></sql_where_clause>
		<key_columns>
			<key_column>employee_number</key_column>
		</key_columns>
	</view>
</views>

上の例では、WHERE句を含むSELECT文を使用して、"employee_number" = 1であるビューからデータを選択し、部分データをターゲット テーブルにロードしています。SQL WHERE句を指定する場合は、キー列が指定されていなければなりません。

ビュー定義またはビューのデータは、ビューに関連付けられたテーブルをコピーしなくてもコピーすることができます。

ターゲット ビューへのビュー データの部分コピーを実行すると、最初に条件適合行がステージング テーブルにコピーされます。ステージング テーブルに行がコピーされた後に、WHERE句の条件適合記録がステージング テーブルからターゲット ビューにコピーされます。このプロセスは、データが格納されているターゲット テーブルが存在する場合の部分テーブル コピーに似ています。