17.00 - デフォルトのセッションとストリーム - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

source_sessionstarget_sessions、またはdata_streamsの値を指定していない場合、Data Moverはソース セッションまたはターゲット セッション、およびストリームの数を動的に決定します。この決定は、AMPの数、マップ内のAMPの数(Teradata Database MAPSアーキテクチャ機能がサポートされている場合)、移動するオブジェクトのサイズなど複数の要因に基づいています。これらの動的な値は、パフォーマンスを最大化するためのユーティリティの調整に精通していない場合に有用です。各ジョブの理想的な設定はサイトによって異なるので、さまざまな組み合わせをテストすることをお勧めします。特定の値が特定のジョブの要件により適している場合、source_sessionstarget_sessionsまたはdata_streams.の値を指定することができます。

このステータスの出力は、ソース セッションおよびターゲット セッション、または各オブジェクトの移動に使用するストリームの数を表示します。

DSAジョブの場合、source_sessionsおよびtarget_sessionsは適用されません。data_streamsが指定されていない場合、DSAはソフト ストリームの数を自動的に決定します。データ転送時に使用されるソフト ストリームの数を制限するには、data_streamsに小さな値を指定します。

TPTジョブの場合、セッションとストリームの数は、移動するオブジェクトごとに計算されます。移動する各オブジェクトは最適なパフォーマンスのため、ソース セッションとターゲット セッションおよびデータ ストリームをさまざまに組み合わせて使用します。ソース システムまたはターゲット システムでMAPSがサポートされている場合、動的コンテナまたはユーザー ジョブは次の基準に従って、データ ストリームとセッションへの入力を行なう必要があります。
  • ソース セッション数は、ソース オブジェクト マップのAMP数を超えることはできません。
  • ターゲット セッション数は、ターゲット オブジェクト マップのAMP数を超えることはできません。
  • データ ストリーム数は、ソースまたはターゲット オブジェクト マップのAMP数を超えることはできません。

ユーザーが3つのパフォーマンス設定(source_sessionstarget_sessionsまたはdata_streams)のうち1つまたは複数に対し値を指定すると、未指定値がユーザー指定値と最適に機能するように自動的に計算されます。

list_job_stepsコマンドを実行して、Data Moverによって動的に計算されたセッションとストリームを表示します。

Teradata Active System Management (TASM)セッション ルールが特定のソース システムまたはターゲット システムで有効にされている場合は、TASMルールがData Moverセッションを上書きすることがあります。