17.00 - 列の設定の変更 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

TeradataシステムとHadoopシステム間でテーブルを移動するときに、列の設定を変更することができます。ターゲット列が指定されていない場合、ソース列名がターゲットとして使用されます。ソース列名がターゲット システムで無効な場合、列名は有効な値に変更されます。

  1. オブジェクト ブラウザで、コピーする列を含むテーブルの名前の横にあるチェック ボックスをオンにします。
  2. テーブルの隣の""をクリックします。
  3. 列の隣の""をクリックします。
    列名が列の設定ダイアログ ボックスの上部に表示されます。
  4. ターゲットの列名を変更する場合、ターゲット名に名前を入力します。
  5. マッピングを変更する場合、宛先タイプを変換先の型リストから選択します。
    詳細については、データ型のマッピングを参照してください。
  6. (オプション)ターゲット列データ型サイズと制限を指定します。
  7. OKをクリックします。
    変更した列はテーブルの一覧に斜体で表示されます。