17.00 - コマンドライン インターフェースの使用 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

コマンドライン インターフェースをインストールした後で、datamoveと入力して、その後にコマンドと必要なパラメータを続けることで、任意のディレクトリからData Moverコマンドを実行できます。

コマンドには、一般に必須パラメータとオプション パラメータがあります。これらのパラメータは、コマンドライン上でコマンドの後に直接入力して指定できます。多くのコマンドで、追加情報をXMLファイルの形式で渡す必要があるか、またはこの形式で渡すことができます。また、コマンドライン インターフェース パッケージをインストールするときに追加されたサンプルXMLファイルを参照することもできます。サンプルXMLファイルは、/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/commandline/samplesにあります。nn.nnは、製品のメジャーおよびマイナー バージョン番号を示します(例: 16.20)。