17.00 - フェールオーバーが発生した場合のServer Managementアラートのロギングの有効化 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
利用できないコンポーネントによってフェールオーバーが発生すると、Server ManagementアラートがJSONレポートの形式で配信されます。
  1. アクティブとスタンバイのモニタリング サーバー(local.monitor.hostおよびremote.monitor.host)にログオンします。
  2. /opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/monitor.properties で次の操作を実行します。
    1. tvi.useLoggerの値をTrueに設定します。
    2. tvilogger.propertiesが存在し、正しいServer Managementロギング方法で構成されていることを確認します。
      次のテーブルに、指定したコンポーネントのServer Managementアラート レポートに含まれる属性を示します。
      コンポーネント 属性
      デーモン

      エージェント

      フェイルオーバー

      アクティブ同期サービス

      スタンバイ同期サービス

      productType

      productVersion

      instanceId

      clusterId

      features

      identities

      plugins

      relatedComponents

      managed Systems

      managedNodes