17.00 - セキュリティの管理が有効になっている場合のコマンドのパラメータ - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

セキュリティの管理を有効にする場合、ViewpointユーザとData Moverスーパー ユーザーはいくつかのセキュリティ パラメータの値を指定する必要があります。

Viewpointユーザー

Viewpointユーザーは、security_usernameおよびsecurity_passwordのパラメータを使用してViewpointユーザー名およびパスワードを指定する必要があります。ユーザーがsecurity_usernameパラメータの値を指定すると、Viewpoint認証プロセスにより、コマンドラインにユーザーのロールに関する情報が返されます。ユーザーのロールに、コマンドの実行に必要なアクセス権限が含まれている場合は、コマンドが実行されます。

Viewpointユーザーは、コマンドラインでセキュリティ パラメータを直接指定することも、parameters.xmlファイルに指定することもできます。 例えば、Viewpointユーザーがlist_jobsコマンドを実行した場合、次のように入力できます。
datamove list_jobs -security_username ViewpointUser -security_password MyPassword -job_name MyJob
また次のように入力することもできます。
datamove list_jobs -f list_job.xml
ここでlist_job.xmlの内容は次のとおりです。
<dmListJobs xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
 <dmSecurity>
  <security_username>user</security_username>
  <security_password>test</security_username>
 </dmSecurity>
 <job_name>test</job_name>
</dmListJobs> 

いずれの方法を使用する場合でも、security_passwordの指定がない場合、または空白のままの場合は、コマンドライン インターフェースによりViewpointパスワードを入力するように要求されます。このときユーザーは、Viewpointパスワードの表示をマスクすることができます。

Data Moverスーパー ユーザー

コマンドによっては、Data Moverのスーパー ユーザーまたはViewpointの管理者にしか実行できないものがあります。Data Moverスーパー ユーザーは、コマンドライン インターフェースで直接、またはparameters.xmlに次のいずれかの値を指定する必要があります。
  • -security_usernameおよび-security_password
  • -security_password_encrypted

-security_password-security_password_encrypted両方のパラメータには値を指定しないでください。

modify_admin_passwordコマンドによってスーパー ユーザーのパスワードを変更しない限り、-security_username-security_passwordのパラメータにはdmcl_adminの値を使用してください。

例えば、Data Moverユーザーがstartコマンドを実行する場合は、次のように入力します。
datamove start -job_name PROD1_TO_DEV1 -security_username dmcl_admin -security_password 53cUr17y
別の方法として、コマンドラインでパラメータを渡す代わりにXMLファイルでセキュリティ管理要素の値を指定することもできます。セキュリティ パラメータは、parameters.xmlファイルで指定する最初の要素でなければなりません。次のparameters.xmlファイルでは、ジョブPROD1_TO_DEV1に対し、startコマンドを実行し、セキュリティの管理が有効になっていることを前提に、スーパー ユーザーのユーザー名としてdmcl_admin、スーパー ユーザーのパスワードとして53cUr17yを使用します。セキュリティ管理が有効な場合は必ず、XMLファイルの最初の要素の直後に、<security_username>要素と<security_password>要素の値を指定します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes" ?>
<dmEdit
	xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
	<security_username>dmcl_admin</security_username>
 <security_password>53cUr17y</security_password>
 <job_name>PROD1_TO_DEV1</job_name>
</dmEdit>