17.00 - 選択したテーブルに対するDDLの比較の無効化 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverではデータベース全体をコピーするときにDDLテーブルは自動的に比較されませんが、特定のテーブルに対してDDLの比較を除外する一方、完全コピー、部分コピー、または名前が変更されるデータベース テーブルに対してDDLの比較を有効化できます。
  1. compare_ddl要素を追加します。
  2. データベース レベルでtrueを要素の値として指定します。
  3. selection="included"属性をtable要素に追加し、テーブル名を指定します。
  4. 除外するテーブルについては、compare_ddl要素を追加し、要素の値としてfalseを指定します。
次の例では、MyDBデータベースのテーブルでDDLの比較が実行されます。ただし、MyDB.PPIOrdersテーブルに対してはDDLの比較は行なわれません。
<database selection="all"> 
	<name>MyDB</name>
  <compare_ddl>true</compare_ddl>
   <table selection="included">
   <name>PPIOrders</name>
  <compare_ddl>false</compare_ddl>
  </table>
</database>
次の例では、MyDBデータベースのテーブルでDDLの比較が実行され、MyDB.PPIOrdersテーブルはターゲット上でMyDB.PPIOrders_NewNameに名前変更されます。MyDB.PPIOrders_NewNameテーブルに対してはDDLの比較は行なわれません。
<database selection="all"> 
	<name>MyDB</name>
  <compare_ddl>true</compare_ddl>
   <table selection="included">
   <name>PPIOrders</name>
   <target_name>PPIOrders_NewName</target_name>
  <compare_ddl>false</compare_ddl>
  </table>
</database>