17.00 - ソース ステージング データベースとDSAを使用して基になるデータをビューから部分的に移動する方法について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

DSAとソース ステージング テーブルを使用してビューを部分的に移動できます。移動先には、ターゲット テーブルまたはターゲット ビューを指定できます。まず基になるデータがソース ステージング テーブルにコピーされ、その後にDSAによってソース ステージング テーブルからターゲット システムにデータが移動されます。指定したソース ステージング テーブルを使用するには、作成XMLファイル内にオブジェクト レベルでuse_source_staging_tabletrueに設定します。

以下のXMLは、source_dbを使ってビューをターゲット テーブルに移動する方法を示しています。

<views>
	<view selection="included" copyData="true">
		<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
		<view_data_table>
			<target_table>TargetTable</target_table>
			<target_database>TargetDb</target_database>
		</view_data_table>
		<use_source_staging_table>true</use_source_staging_table>
		<source_staging_database> 
			<name>source_db</name>
		</source_staging_database>
		<sql_where_clause>WHERE c1 > 500</sql_where_clause>
		<key_columns>
			<key_column>c1</key_column>
		</key_columns>
	</view>
</views>
以下のXMLは、source_dbを使ってビューをターゲット ビューに移動する方法を示しています。
<views>
	<view selection="included" copyData="true">
		<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
		<use_source_staging_table>true</use_source_staging_table>
		<source_staging_database>
			<name>source_db</name>
		</source_staging_database>
		<sql_where_clause>WHERE c1 > 500</sql_where_clause>
		<key_columns>
   	 	<key_column>c1</key_column>
		</key_columns>
	</view>
</views>