17.00 - テーブルのコピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverのコマンドライン インターフェースを使用して個々のテーブルをコピーすることができます。それには、table selection="included"という値とテーブルのnameを指定します。例えば、次のXMLではtable selection="included"が指定されているため、table1とtable3がコピーされます。オブジェクト リストのその他のテーブル、つまりtable2は、値がtable selection="unselected"に設定されているためコピーされません。
<database selection="unselected">
	<name>dmguest</name>
	<table selection="included">
		<name>table1</name>
	</table>
	<table selection="unselected">
		<name>table2</name>
	</table>
	<table selection="included">
		<name>table3</name>
 </table>
</database>

使用上の注意

  • コピーするオブジェクトがターゲット データベースに存在しない場合は、ターゲット データベース上に作成されます。オブジェクトがターゲット データベースに存在する場合は、overwrite_existing_objectsプロパティがfalseに設定されていないとオブジェクトは上書きされます。 その場合、作成タイムエラーが生成されます。
  • テーブルはTeradataシステム間でも、TeradataシステムとHadoopシステム間でもコピーできます。Hadoop Hiveテーブルをコピーできます。