17.00 - Data Moverジョブ - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverジョブは以下で構成されています。
  • Data Moverがソースからターゲットにコピーする、ユーザー定義のデータベース オブジェクト(PROD1 Teradata DatabaseシステムからDEV1 Teradata Databaseシステムへのテーブルのコピーなど)。
  • ジョブの実行を最適化する順次タスクおよび並列タスクの、プログラムで生成された計画(ジョブの実行を複数のサーバーで複数のタスクに配分するなど)。
ジョブは、次のタスクに役立ちます。
  • データベース オブジェクトのコピー。
  • 既存のTeradata DatabaseシステムからバックアップのTeradata Databaseシステムへの1つまたは複数のテーブルのコピー(両方のシステムのデータが同期されます)。
  • 本番Teradata DatabaseシステムからステージングまたはテストTeradata Databaseシステムへのデータのコピー。
  • オリジナルからバックアップへの一方向の定期的なデータの移行。
ジョブを作成するには、ソースおよびターゲット データベースを選択し、コピーするソース データベース オブジェクトを指定します。また、ジョブ定義を調整して、パフォーマンス、ログ記録、その他の要因を制御することもできます。
ソースまたはターゲットIDのユーザー名またはアカウント名にスペースがあると、ジョブは失敗します。
ジョブ(ジョブ定義や履歴を含む)は、実行後も、成功したかどうかに関係なく存続します。これらのジョブが不要になった場合は、削除できます。
一度に実行できるのは、特定のジョブの1つのインスタンスのみです。

コマンドラインまたはRESTful API moveコマンドを使用して作成されたData Moverジョブは、createコマンドを実行してからstart コマンドを実行した場合と同じように動作します。