17.00 - ビュー定義のコピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のxmlはビュー定義のコピー方法を示したものです。

<views>
	<view selection="included">
		<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
	</view>
</views>

selectionを"included"に設定し、viewの名前、およびソース システム上に格納された、ビューが常駐するdatabaseを使用して、ビュー定義deptsalsをソース システムからターゲット システムにコピーしています。

次の制限が適用されます。
  • コピーするオブジェクトがターゲット データベースに存在しない場合は、ターゲット データベース上に作成されます。オブジェクトがターゲット データベースに存在する場合は、overwrite_existing_objectsプロパティがfalseに設定されていないとオブジェクトは上書きされます。 その場合、作成タイムエラーが生成されます。
  • ビューは再配置も名前変更もできません。
  • ビュー定義をHadoopにコピーすることはできません。
  • ビュー定義内のテーブル名が完全修飾名でない場合、テーブルは、エラーが発生しないようにソース ビュー データベースと同じ名前のデータベース内に存在している必要があります。

    例えば、次のビュー定義には、非完全修飾のビュー名とテーブル名が含まれています。

    CREATE VIEW deptsals AS SELECT department_number AS department
    FROM  employee
    HAVING salary_amount < 36000;
    
  • ビューを作成するテーブルがターゲットに存在しないか、ジョブの一部として移動されていない場合、ターゲット システムにビュー定義を作成しようとするとエラーが発生します。
  • 参照テーブルを名前変更または再配置しようとすると、ターゲット システム上でビュー定義を作成する時にエラーが発生します。