17.00 - データベース レベルとテーブル レベルでのターゲット ステージングの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

ターゲット ステージング データベースの名前は、作成XMLファイルまたはコピーXMLファイル内に、データベース レベルまたはテーブル レベルで指定することができます。ターゲット テーブルが存在するデータベースに十分な領域がない場合などには、ステージング テーブル、マクロ、ワーク テーブル、エラー テーブル、およびログ テーブルに別のデータベースを使用すると便利です。この機能はオプションであり、Teradata DSA、Teradata PT API、またはTeradata JDBCを使用している場合に有効です。

ターゲット ステージング テーブル、マクロ、作業テーブル、エラー テーブル、およびログ テーブルはすべて、データベースの指定に基づいて作成されます。
データベースの指定 結果
テーブル レベルまたはデータベース レベルで指定されていない ターゲット テーブルのターゲット データベースに作成されます。
データベース レベルで指定されている テーブル レベルで上書きされていない限り、ターゲット システム上の指定したターゲット ステージング データベースに作成されます。
テーブル レベルで指定されている データベース レベルで別のターゲット ステージング データベース名が指定されていても、ターゲット システム上の指定したターゲット ステージング データベースに作成されます。