17.00 - Teradata Databaseシステムへのログオンについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

createmovestartなど特定のData Moverコマンドを使用する場合は、ジョブに定義されているソースおよびターゲットのTeradata Databaseにログオンする必要があります。ソースまたはターゲットのTeradata Databaseシステムにログオンするには、ジョブ作成中のエラーを避けるために、少なくとも次のいずれかを指定します。

  • ユーザー名およびパスワード
  • ログオン メカニズム (および必要な場合はログオン データ)

ユーザー名とパスワード、ログオン メカニズムの両方が有効な場合、Data Moverでは、ログオン メカニズムとユーザー名およびパスワードを使用して、ソースおよびターゲットのシステムに接続します。ログオン メカニズムのみが指定された場合は、Data Moverではそのログオン メカニズムを使用して、ソースおよびターゲットのシステムに接続します。

使用方法に関する注意

  • ログオン メカニズムは、Teradata PT APIジョブとTeradata JDBCジョブにのみ使用します。
  • ログオン メカニズムは、Teradata DSAジョブではサポートされません。
  • createまたはmoveコマンドを使用する場合、-source_logon_mechanismまたは-target_logon_mechanismを指定し-force_utilityを使用しないと、Teradata PT APIがデフォルトで使用されます。
  • -source_logon_mechanismまたは-target_logon_mechanismを指定し、Teradata DSAに-force_utilityが指定されていると、エラーが発生します。