17.00 - データベースの置換について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Database内のすべてのオブジェクトを<database selection="included">を指定してコピーする場合、Data Moverはソースからターゲットにすべてのテーブルをコピーしますが、ターゲット データベースに存在する追加のテーブルはそのまま残します。 例えば、ソース データベースがテーブルA、BおよびCを含み、ターゲットがテーブルA、B、CおよびDを含む場合、テーブルA、BおよびCはソースからターゲット データベースにコピーされ、テーブルDはターゲット データベースに残ります。

データベース置換機能を使用すると、ターゲット データベース内のすべてのオブジェクトを削除し、ソース上のオブジェクトに置換することにより、ターゲット システム上のデータベースを完全に上書きまたは置換することができます。 ターゲット データベースに存在しソースには存在しない追加のテーブルは削除されます。 データベースを置換する場合は、以下に示すようにオプションのreplaceDatabase属性をtrueとして設定します。
<database selection="included" replaceDatabase="true">
     <name>MyDatabase</name>
</database>
指定しない場合、replaceDatabase属性のデフォルト値は"false"となります。属性が<replaceDatabase="false">として設定されるか、まったく指定されない場合、ソース上に存在しないターゲット上のテーブルは、データベース全体がコピーされた後もターゲットに残ります。
DSAを使用していて、ソース データベースまたはターゲット データベースのバージョンがTeradata Database 16.20より前の場合、Data MoverはreplaceDatabase値に関係なく、ターゲット データベースを上書きします。