17.00 - save_configurationコマンドを使用したシステムレベルの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

ステージング データベース タグおよびターゲット データベース タグの値をシステム レベルで指定することもできます。 save_configurationコマンドを実行してシステム レベルで指定します。このコマンドは、他のData Mover構成プロパティを設定するのと同じものです。

staging_databasestaging_database_for_tablesource_staging_databasetarget_staging_databasetarget_databaseのタグの値をシステム レベルで指定すると、ジョブ リクエストに含まれるすべてのテーブル オブジェクトにこれらの値が適用されます。

system.default.database.enabledというプロパティは、ターゲット データベースとステージング データベースのシステム レベルのデフォルト値を制御します。それぞれのターゲット システムでは、デフォルトのデータベースに3つの値を設定できます。systemLevelDatabase要素内では、systemタグが必須でデータベース タグはすべてオプションです。以下に、save_configurationXMLファイル内の新しいプロパティの例を示します。

<property>
	<key>system.default.database.enabled</key>
	<value>true</value>
	<defaultDatabases>
		<systemLevelDatabase>
			<system>targetSystem1</system> <!-- Tdpid here -->
			<source_staging_database>stagingDB1</source_staging_database>
			<!--target_staging_database>stagingDB1</target_staging_database--> 
			<staging_database>stagingDB1</staging_database>
			<staging_database_for_table>stagingDBForTable1</
staging_database_for_table>
			<target_database>targetDB1</target_database>
		</systemLevelDatabase>
		<systemLevelDatabase>
			<system>targetSystem2</system>
			<!-- only specify the target database for targetSystem2 -->
			<target_database>targetDB2</target_database>
		</systemLevelDatabase>
	</defaultDatabases>
		<description>Purpose: Enable/Disable the default target/staging
databases at the system level. Default value false means disabled.</
description>
</property>