DecisionTreePredict構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/mld1565890109978.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/mld1565890109978.ditaval
dita:id
B035-1206
Product Category
Software
Teradata Vantage
AttrTableGroupByColumns
AttributeTableをパーティション化する列の名前を指定します。各パーティションには、入力データの1つの属性が含まれます。
AttrTablePIDColumns
データ ポイント識別子を定義する列の名前を指定します。
AttrTableValColumn
入力値を含んでいるAttributeTable列の名前を指定します。
OutputResponseProbDist
[オプション]確率を出力するかどうかを指定します。この値がtrueの場合は、AttributeTableテーブル内のすべてのラベルをResponses構文要素で指定する必要があります。
デフォルト: 'false'
Responses

(OutputResponseProbDistがtrueの場合に必要)入力テーブルのラベルを指定します。

Accumulate
[オプション]出力テーブルにコピーする入力列の名前を指定します。
この関数を使用してML EngineROC関数の入力を作成する場合は、この構文要素にactual_labelを指定する必要があります。