16.20 - 例: AccLogRulesVの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の文を実行すると、User1のAccLogRulesエントリを検索するSELECT文は次のような行を返します。

BEGIN LOGGING ON EACH CREATE TABLE BY Jones ON USER Jones ;
BEGIN LOGGING DENIALS WITH TEXT ON FIRST CREATE DATABASE
   BY Jones ON DATABASE Personnel ;
SELECT * FROM DBC.AccLogRulesV WHERE UserName = ’Jones’ ;

結果:

UserName DatabaseName TVMName CPT CDB CMC CTB CUS  
Jones Jones All       E   ..。
Jones Personnel All   F-       ..。
  • 最初の行のUserName “Jones”、DatabaseName “Jones”、列CTBの最初の位置の“E”は、Jonesが自身の領域にテーブルを作成するリクエストを出したときに実行されるCREATE TABLE権限の検証が、毎回ロギング エントリとして作成されることを示しています。
  • 2番目の行のUserName “Jones”、DatabaseName “Personnel”、列CDBの2番目の位置の“F”は、JonesがデータベースPersonnelにデータベースを作成するリクエストを出したときに実行されるCREATE DATABASE権限の検証で、初めて拒否された検証がロギング エントリとして作成されることを示しています。列CDBの3番目の位置の“-”は、拒否された文のテキストがロギング エントリに保存されることを示しています。