16.20 - AccessLogV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: セキュリティ

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
LogDate DATE NOT NULL YY/MM/DD アクセス ログ項目が作成された日付を返します。
LogTime FLOAT NOT NULL 99:99:99 イベント発生日の時刻をHH:MM:SSで返します。
LogonDate DATE NOT NULL YY/MM/DD ログ項目が作成されたときのセッションがTeradata Databaseにログオンした日付を返します。
LogonTime FLOAT NOT NULL 99:99:99 セッションのログオンが発生した時間を返します(ログオフ イベントに役立ちます)。
LogicalHostId SMALLINT NOT NULL ZZZ9 記録されるクエリーのログオン元の固有識別子を返します。値0は内部セッションを意味します。
IFPNo SMALLINT NOT NULL -(5)9 セッションが接続されたまたは割り当てられたときのPEのvproc番号を返します。
SessionNo INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 TDPまたはLANインターフェースでセッションに割り当てられるセッション識別子を返します。
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) AccessLogV.UserNameフィールドは、セッションを使用していたユーザーの名前を示します。
AccountName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) リクエストが送信されたときに使用される拡張アカウント。 SYSTEMACCOUNTNOは、テーブル再作成、ディスクコピー、スキャンディスクなどのコンソール ユーティリティ アクティビティを追跡します。
OwnerName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) AccessLogV.OwnerNameフィールドは、マクロまたはビューが他のオブジェクトを参照するときに、権限がログに記録されているユーザーを示します。
AccessType CHAR(2) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(2) ("Acr"タイプの列の場合)このログ項目を生成したチェックが実行された権限のタイプを返します。
frequency CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(1) ロギングの頻度(出現): B (FIRSTおよびLAST)、E (EACH)、F (FIRST)、L (LAST)。
EventCount INTEGER --,---,---,--9 'LAST-occurrence- only'行の前にある重複する行の数(つまり同じ出現)を返します。
AccLogResult CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(1) このログ項目が生成されたアクセス リクエストの方法を示すコードを返します。
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) このログ項目が作成されたオブジェクトのデータベース名またはユーザー名を返します。
TVMName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) このログ項目が作成されたオブジェクトのテーブル、ビュー、ストアド プロシージャ、マクロ、ユーザー定義型、ユーザー定義メソッド、またはユーザー定義関数名を返します。
ColumnName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) AccessLogV.ColumnNameフィールドは、アクセス ログに入力された列の名前を示します。
StatementType VARCHAR(20) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(20) クエリーで実行された文のタイプ。複数文リクエストの最後の文のタイプ。
StatementText VARCHAR(8192) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(8192) このログ項目が生成された権限チェックの原因となった文のテキストを返します(関連付けられたルールで定義されている場合)。
QueryBand VARCHAR(12304) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(12304) クエリーが実行依頼されたバンドを返します。
ProxyUser VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) プロキシ ユーザーの名前を返します。
ConstraintId BYTE(4) X(8) AccessLogV.ConstraintIdフィールドは、アクセス ログに入力されたセキュリティ制約のIDを示します。