16.20 - UDTInfoV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:スキーマ

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
TypeId BYTE(6) NOT NULL X(12) UDTの識別子を返します。
DatabaseId BYTE(4) NOT NULL X(8) UDTが定義されているデータベースの識別子を返します。
TypeName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE NOT NULL X(128) 型指定子を返します。名前はDBC.TVMテーブルのTVMName列に対応しています。
TypeKind CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) UDTの分類を返します。
INSTANTIABLE CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) UDTがインスタンス化可能であるかどうかを示します。
FINAL CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) UDTが最終であるかどうかを示します。
Encryption CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) このUDTで暗号化がサポートされているかどうかを示します。
Compression CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) このUDTで圧縮がサポートされているかどうかを示します。
OperatorAll CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 定義済みのデータ型に特有の演算子が、固有型の基本データ型でサポートされているかどうかを示します。
DefaultTransformGroup VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) インポートまたはエクスポート用に自動的に選択された変換グループの名前を返し、ユーザーが特定の選択を行なわない場合に使用されます。
OrderingForm CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) UDTの比較と並べ替えのレベルを示します。
OrderingCategory CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) 比較方法を示します。
OrderingRoutineId BYTE(6) X(12) ユーザー定義の順序付けルーチンの識別子を指定します。
CastCount BYTEINT NOT NULL -(3)9 このUDTを含むユーザー定義キャストの数を返します。
ExtFileReference VARCHAR(1000) UNICODE CASESPECIFIC X(1000) UDTのコアDBS統合メソッドを共に提供する各ファイル コンポーネントの外部名またはパスを含むエンコードされた文字列。
DefaultNull CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) ARRAYデータ型が作成されたときにDEFAULT NULL句が指定されたかどうかを示します。
ArrayNumDimensions BYTEINT -(3)9 ARRAY型の次元の数を示す数値を格納します。
ArrayScope VARCHAR(3200) LATIN UPPERCASE X(3200) ARRAY型の各次元の下限と上限の値を記述する形式'[n:m]...'の文字列を含みます。