16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

RI_Parent_TablesビューはAll_RI_Parentsビューに似ていますが、アクセス制御のための名前ではなく、データベース、テーブル、および列のIDが含まれます。

管理者は、名前については、複数(または、すべて)のユーザーがAll_RI_Parentsビューでアクセスできるようにし、内部的なID番号については、RI_Parent_Tablesビューへのアクセスを制限することにより、アクセスできるユーザーを制御できます。

一部の列の値は、Teradataテンポラル テーブルまたはANSIテンポラル テーブルに関連する情報を示します。これらのテーブルの詳細については、<Teradata® Vantage ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata® Vantageテンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

対応するテーブル

DBC.RI_Parent_TablesVに対応するテーブルはDBC.ReferencedTblsです。

DBC.RI_Parent_TablesV[X]に対応するテーブルは次のとおりです。
  • DBC.AccessRights
  • DBC.DBase
  • DBC.Owners
  • DBC.ReferencedTbls
  • DBC.RoleGrants
  • DBC.Roles

InconsistencyFlag

InconsistencyFlag列の値がYの場合、矛盾しているとマークされた参照インデックスは検証可能です。

TTFKTypeの可能値

説明
C 現在の外部キー
N 非シーケンス化外部キー
NULL 子テーブルは、非テンポラル テーブルまたはTRANSACTIONTIMEをサポートしていないテーブルである。
S シーケンス化外部キー

TTPKTypeの可能値

説明
C 現在の親キー
S シーケンス化親キー
N 非シーケンス化親キー
NULL 親テーブルが非テンポラル テーブルである場合、またはテーブルがValidTimeまたはTransactionTimeをサポートしていない場合。

VTFKTypeの可能値

説明
A ANSIQUALIFIER
Teradataテンポラルvalid-timeテーブルは、ANSIvalid-timeテーブルと互換性がありますが、ANSIテンポラル テーブルを使用する場合は、Teradataテンポラル テーブルを使用するシステムのセッション テンポラル修飾子を明示的にANSIQUALIFIERに設定する必要があります。
C 現在の外部キー
N 非シーケンス化外部キー
P ANSIテンポラル テーブルの参照整合性制約。テンポラル制約は特別なPERIODキーワードで、valid-timePERIOD列の名前に対して定義できます。
R テンポラル関係制約(TRC)参照整合性
S シーケンス化外部キー
NULL 子テーブルは非テンポラルか、ValidTimeをサポートしません。

VTPKTypeの可能値

説明
A ANSIQUALIFIER
C 現在の親キー
S シーケンス化親キー
N 非シーケンス化親キー
NULL 親テーブルが非テンポラル テーブルである場合、またはテーブルがValidTimeまたはTransactionTimeをサポートしていない場合。
P ANSIテンポラル テーブルの参照整合性制約。テンポラル参照制約は、特別なPERIODキーワードでvalid-time派生PERIOD列名を指定することで、テンポラル テーブルのvalid-timePERIOD列に対して定義できます。