16.20 - QryLogExceptionsV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:クエリー

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
ProcID DECIMAL(5,0) NOT NULL -(5)9 ディスパッチャのプロセスIDを返します。
CollectTimeStamp TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) (プライマリ キー) TDWM例外キャッシュが書き込まれた日時。
QueryID DECIMAL(18,0) NOT NULL --Z(17)9 クエリーを識別するためにシステム全体で固有IDを返します。
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) この例外を持つユーザーの名前。
SessionID INTEGER --,---,---,--9 セッション識別子を返します。
RequestNum INTEGER --,---,---,--9 すべてのクエリーのクライアント リクエスト番号。ストアド プロシージャCALL文内の文の場合、リクエスト番号はCALLと同じです。
LogicalHostID SMALLINT -(5)9 記録されるクエリーのログオン元の固有識別子を返します。値0は内部セッションを意味します。
AcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザー非拡張ログオン アカウント文字列を返します。
WDID INTEGER --,---,---,--9 クエリーが分類されたワークロード定義を返します。
OpEnvID INTEGER --,---,---,--9 TDWMによって現在アクティブになっている操作環境のIDを返します。
SysConID INTEGER --,---,---,--9 TDWMによって現在アクティブになっているシステム条件のIDを返します。
ClassificationTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) クエリーが分類された時刻を返します。
ExceptionTime TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) クエリーで例外が発生した時刻を返します。
ExceptionValue INTEGER --,---,---,--9 例外の種類。
ExceptionAction CHAR(10) LATIN NOT CASESPECIFIC X(10) この例外でTDWMによって実行されたアクション。
NewWDID INTEGER --,---,---,--9 例外処理のためにクエリーが移動されたワークロード定義を指定します。
ExceptionCode INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 発生したエラー コードを返します。
ExceptionSubCode INTEGER --,---,---,--9
ErrorText VARCHAR(1024) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1024) ErrorCodeが0でない場合のエラーのテキストを返します。
ExtraInfo VARCHAR(200) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(200) クエリーを追跡するために使用します。
RuleID INTEGER --,---,---,--9 TDWMがクエリーまたはログオンを拒否する原因となったルールIDを返します。注: すべてのケースでこのフィールドには値が入っていません。
WarningOnly CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 警告モードでTDWMの実行中にエラーが報告された場合、またはまったくログに記録されていない場合は、警告コードTにtrueを返します。WarningOnlyがtrueでない場合は、フィールドにNULLがあります。
RejectionCat SMALLINT -(5)9 この却下の原因となったTDWMルールのカテゴリが含まれます。