16.20 - FunctionsV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 操作

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 関数が格納されるデータベースの名前を返します。
FunctionName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE NOT NULL X(128) ユーザーが割り当てた名前を内部形式で返します。
SpecificName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 関数の特定の(固有)名前を返します。
FunctionId BYTE(6) NOT NULL X(12) 関数の固有のIDを返します。
NumParameters SMALLINT NOT NULL ---,--9 関数のパラメータの値を返します。
ParameterDataTypes VARCHAR(256) LATIN UPPERCASE X(256) 各パラメータのデータ型を表わす2文字の文字列が含まれる関数のパラメータ リストを返します。最大パラメータは128です。
FunctionType CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 関数の型: A (集約)、B (集約と統計)、F (スカラー)、R (テーブル)、S (統計)。
ExternalName CHAR(30) LATINC NOT NULL X(30) 関数の外部名を返します。SQL UDFの場合、値は常にSQLUDFです。
SrcFileLanguage CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) ユーザー定義関数(UDF)の実装に使用されるソース ファイル言語を返します。
NoSQLDataAccess CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 'Create Procedure'文で指示されているアクセスを返します。Y = 外部ストアド プロシージャにSQLなし、C = SQLを含む、R = SQLデータの読み取り、M = SQLデータの変更。
ParameterStyle CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数または外部ストアド プロシージャのパラメータ受渡し規則を返します。次のコードが使用されます。S = SQL、G = TD_GENERAL、I = 内部。
DeterministicOpt CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数が同一の入力に対して同じ結果を返すかどうかを返します。 値: Y = 確定的、N = 非確定的。 デフォルトはNです。
NullCall CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数がNULL入力で呼び出されるかどうかを返します。
PrepareCount CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) カウントの準備統計オプションを表わす1文字のフィールドを返します。
ExecProtectionMode CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数が、(保護されていない)呼び出し文を使用して直接実行できるか、または(保護されている)別のプロセスとして間接的に実行されるかのどちらかを返します。
ExtFileReference VARCHAR(1000) UNICODE CASESPECIFIC X(1000) CREATE/REPLACE FUNCTIONまたは外部ストアド プロシージャ文で指定された外部ファイル参照を保存します。
CharacterType SMALLINT NOT NULL ---,--9 関数または外部ストアド プロシージャの作成時のデフォルトの文字型を返します。
Platform CHAR(8) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(8) オブジェクトがコンパイルされるシステムのプラットフォームを返します。
InterimFldSize INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 集約ユーザー定義関数で定義されている中間フィールド サイズを返します。
RoutineKind CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) ルーチンのファミリーを示す単一の文字を返します。
ParameterUDTIds VARBYTE(512) X(1024) 一連の4バイトUDT型識別子を返します。
AuthIdUsed BYTE(6) X(12) 外部ストアド プロシージャまたはユーザー定義関数で使用されている許可の識別子を返します。
MaxOutParameters SMALLINT NOT NULL ---,--9 テーブル関数の最大出力パラメータを返します。
GLOPSetDatabaseName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) メンバー句でGLOPセットが属するデータベースの名前を返します。
GLOPSetMemberName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) XSP/UDF/UDMが属するGLOPセットの名前を返します。外部ルーチンまたはUDF/UDMがセットのメンバーでない場合、長さはゼロになります。
RefQueryband CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) 関数がセッションの現在のクエリー バンドを参照している場合はYを返します。 デフォルトはNです。
ExecMapName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) テーブル演算子の実行マップ名を返します。NULLは、テーブル演算子に実行マップがないことを示します。
ExecMapColocName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) テーブル演算子の実行マップのColocationNameを返します。